- 戻る
- 過去ログ
- ワード検索
- notice
- edit
- 546466
- トップページへ
name
title:
comment:
Image:
del key: *8words 

  974 寒中お見舞い申し上げます。 : keity01月14日(日)21:40  [レス]  [削除]
母の四十九日が過ぎ、本日は初命日でした。
突然のことだったので、激しく動揺したり、悔やまれることもあったりで、それでも一連の手続きやさまざまな用事を踏んばりながらこなし、何やら流されるようにして日々が過ぎていった感じです。
どこを探しても、いつまで待っても母が姿を現すことはなく、そんな母の不在が悲しく、寂しく思います。
初命日ということで、素敵なお花のアレジメントが届きました。思わず、母を呼びそうになってしまいました。「綺麗ね!素敵ね!」と声をあげていることでしょう。

いろいろと励ましていただいた方々に深く感謝しています。
少しずつ日々の暮らしに活気をつけていこうと思っています。
当分は実家にいて、納戸や押し入れの整理などをしていきます(マンションから運んできた荷物の片付けもまだ途中)。

あ、待望の「英龍伝」(佐々木譲著)を発売日に買ったので、まずはこれを読みます。DVD(映画)は観られたのに、本は読む気力がなかったので、「英龍伝」が本年最初の読書になりそうです。幕末といえば、血気盛んな倒幕の志士たちばかりが近代化を押し進めていったように見えますが、その陰では幕臣の江川英龍のようにコツコツと学び、先の時代を見て行動して、業績を残した人たちが多くいるのです。

皆様にとって2018年が良き年でありますように。
時節柄、ご自愛ください。
*久しぶりにですます調になりました。


トップページへ