- 戻る
- 過去ログ
- ワード検索
- notice
- edit
- 542715
- トップページへ
name
title:
comment:
Image:
del key: *8words 

  959 秋の装い。 : keity09月14日(木)03:28  [レス]  [削除]
8月の終わりに、生まれて初めてポンチョを買った。色はネイビーで、襟ぐり、袖ぐり、裾が光沢糸での配色トリミング。ウール素材である。これまでポンチョを着るという発想がなかったので、馴染みの販売員に勧められても、なんだかなー、自分が着ると、てるてる坊主みたいになってしまうのではないかと、躊躇。しかし、試着してみると、違和感なく、てるてる坊主でもなく、これが意外としっくりきた。ポンチョ風シルエットのプルオーバーという感じ。そのまま1枚で着て、襟元が寂しければ長めのペンダント、またインナーに白のシャツを着てもいい。
そろそろ出番か。ポンチョにキャメルのガウチョ。あるいは、グレージュ(グレーとベージュを混ぜた色)のストレートパンツ。
ワインカラーのタータンチェックのシャツも購入。手洗いOK!ネイビーもあったが、赤に挑戦。これはカシュクールシャツにもなる2WAY仕様であるのもうれしい。
なんて、洋服のプチ解説だ。
そういえば、昔、ファッション関係の通販カタログのコピーを書くバイトをしたことがあった。分厚いカタログの50ページほどを担当し、一点につき、200字ほどのコピーを、どっさり渡された資料を参考にしながら書くのだ(手書き)。点数が多いのでたいへんな作業だった。二足のわらじはしんどい。二度としたくないとも思った。しかし、塵も積もればで、けっこうな金額になった。バブルの時代、いろいろな仕事があったなーと。コピーライターもピンキリですが。

「過保護のカホコ」の最終回を観ながら、またまた居眠りをしてしまった。このドラマ、なんだかドタバタしていて、それが退屈だったのか、いつも途中で眠ってしまうか、友人と電話で話したりして、あるいは観るのを忘れたりして、まともに観たのは2回ぐらい。
ひゃー、3時半になろうとしている。


トップページへ