- 戻る
- 過去ログ
- ワード検索
- notice
- edit
- 530282
- トップページへ
name
title:
comment:
Image:
del key: *8words 

  952 立ち読み。 : keity08月29日(火)20:33  [レス]  [削除]
気になっていた本の立ち読み。
『移植医たち』は書き出しから受け付けず、数ページめくってみても、むむむとなってしまい。元の位置に戻す。
『親鸞と日本主義』は数十行を読んでいるうちに、どういうわけか、気持ちが悪くなってしまい、本棚に差し戻す。
以前から気になっていた『北海タイムス物語』。20年近く前に倒産した札幌に実在した新聞社を舞台にした小説だ。著者も勤務してたことから、その経験を生かして書いたフィクションらしい。わたしの友人、知人も北海タイムスで何年か、勤務したが、薄給ゆえに退社している。amazonでは評価が高かったので、手に取ってパラパラと読んでみた。一人称で、会話文が途切れなく続いたりしているので、どうかなと思ったけれど、勢いがありそうで、面白そうである。そのうち読んでみようかと。。。
新書コーナーで、横尾忠則『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた』を手にとる。タイトルと表紙、積まれた本の山の口絵写真を見ただけで、読みたくなってしまう、そのオーラ。しかも「生涯で一冊の本も読まなかった両親に本書を捧げます。」の一文だ。いいね。取り上げている本も興味をひくものばかり133冊。王貞治さんの本まで。。うれしいね。
横尾さーん、やっぱりこれは買ってしまいます。横尾さんの文章、好きですわ。
今日は、秋の空気だった。


トップページへ