- 戻る
- 過去ログ
- ワード検索
- notice
- edit
- 625458
- トップページへ
name
title:
comment:
Image:
del key: *8words 

  180 テレビ故障。 : keity09月03日(火)18:49  [レス]  [削除]
昨日の昼頃、突然、テレビが映らなくなった。電源プラグを抜いて差し込んでも、電源ランプと明るさセンサーランプが交互に点滅するだけ。
修理相談センターに電話して状況を説明したところ、故障とのことで、「修理代は25000円ぐらいになるので、購入したほうがいいかと」と。何しろ、2006年に母が購入したテレビなので、そろそろ買い替えどきだったのだ。

「これを機会にテレビのない生活」を想像してみた。
○現在気に入っている番組が観られなくなる。例えば、「ブラタモリ」や「らららクラシック」「世界はほしいモノであふれている」「日曜美術館」、連ドラ2、3本(「これは経費では落ちません!」「サギデカ」「two weeks」など・笑)、また、ドキュメンタリーやBSの映画も観られなくなる。
○ブルーデイやDVDが観られなくなる(パソコンの小さな画面ではますます目が悪くなる)。
それらを諦めて、新しい習慣に切り替えればいいのだろう。そして、「テレビのない生活にしたので、地上波もBSも受信料を支払う理由がなくなりました。よろしく」と言ってみようか。
これまでの人生を振り返り、テレビのない生活は寮生時代の2年ぐらいか。食堂にはテレビはあったが、観た記憶がない。テレビのある生活を60年以上続けてきたわけだ。すごい。自分にとってテレビって、いったい何?なければないなりに生活できるとは思うのだが......。

つらつらと小一時間ばかりいろいろ思いを巡らせた結果、<観たい欲求>に勝てず(笑)、やはり買おうと決めて札幌駅前の量販店へ。
今のテレビと同じメーカーの4K45V型に決めたが、在庫がなく、1週間後に届く。増税前の買い替えキャンペーン中だから新製品は品薄なのだろう。
そして今日になって、どうせ買うなら、50V型にすればよかったかなと心揺らぐ.....。いったい何考えているんだか自分、あきれてしまう。

テレビが届くまで1週間だけ、テレビのない生活となるのだった。

*画像は札幌競馬場のスターティング・ゲート。通り抜けを体験。意外に狭く、ここでスタートを待つお馬ちゃんは何を思うのだろうかと、ちょっと切なくなった。


トップページへ