- 過去ログ
- ワード検索
- notice
- edit
- 714488
- トップページへ
name
title:
comment:
Image:
del key: *8words 

  207 続き。 : keity10月01日(火)00:26  [レス]  [削除]
奈良少年刑務所は2017年3月に閉鎖され、国の重要文化財にも指定されたが、建物は監獄ホテルとして来年開業されるとは、びっくりだ。そのまま保存することはできないのだろうか。奈良に行った時にでも、見てみたいと思っていたら、なんとある旅行会社では11月〜12月の週末2日間限定の日帰り見学ツアーを打ち出した。びっくりだ。

奥田英朗の短編集。カバー装画&デザインが気に入り、つい買ってしまった。

書店を出てからデパートに寄った。1階の化粧品売り場はお客さんで混んでいた。増税前日の駆け込みなのね。

おまけ:昨日のホークスのラストゲーム、オリックス相手に5:1で負けた。高橋礼で負けた。しかも、たった1点しか取れなかった。でも、その1点は途中出場の福田秀平選手のホームランによるものだった。よかったね、福ちゃん!!!! 来季に向けて、頑張れ、福ちゃん!!!

  206 本を買う。 : keity10月01日(火)00:24  [レス]  [削除]
友人とお茶してから、欲しい本があったので、紀伊國屋書店へ。
以前から気になっていた鳥の本は、『シマエナガちゃんの日々』。初めてこの小鳥の存在を知ったのは、やはり紀伊國屋書店の写真集コーナーだった。えー、こんなに愛らしいモフモフの小鳥がいるなんて知らなかったとつい立ち読み。欲しいけど、私の柄じゃないかー、などと迷いながら買わなかった。この鳥、札幌の身近な場所でも見ることができるそうで、エゾリスがいるところにはだいたいシマエナガもいるとのこと。
そういえば、先日、動物園に行く途中の林でエゾリスに遭遇し、見かけない小鳥がすぐそばにやってきたのでカメラを向けるも逃げられた。あれはシマエナガではなかったのか。
結局、本日、購入。撮影は報道写真家から動物写真家に転身した小原怜さんで、文章の方は、小原さんの奥さんで、昔『1980 アイコ18歳』という作品で文芸賞を受賞した堀田あけみさんである。

もう一冊の鳥の本は、『SAPPORO BIRD GUIDE さっぽろ野鳥観察手帖』。8月に出版された時から欲しいと思っていた一冊だ。このカバーの赤とデザインがとても新鮮で、レイアウトも好み(紙はマット)。版元の亜璃西社(札幌)は以前にも野鳥の図鑑を出しているが、今回のこれは姉妹編。洋書みたいで素敵だ。最近の私はなぜか赤に引きつけられる。特に黄味の強い朱色というか銀朱というか。
ちなみに、この色のバッグはさし色として効果的。(笑)
カバーの鳥はキセキレイだ。これがシマエナガちゃんだと雰囲気はガラリと変わるというか、アンバランスだ。美しい黄色が特徴的な洗練されたスタイルのキセキレイは朱色によく映える。
今度、双眼鏡を持ってシマエナガちゃんやキセキレイ様(中島公園にもいるらしい)に会いに行こう。

  205 続き。 : keity09月28日(土)22:05  [レス]  [削除]
背中にミミズ腫れのような太い一直線の傷を負ったサルがいた。傷は背中だけでなく、頭頂部にも見られた。
そのサルはサル山の一番下の方にいて、頂上のサルたちを見つめていた。怯えたように....。
サル山の社会にあって、弱い立場なのだろう。
いじめられて、孤立していたのかもしれない。寂しそうに見えた。勝手に推察。

そういえば、動物園に向かう林の中で走り回るエゾリスに遭遇。けっこう人間に馴れているようだ。
それでも撮影するのは難しく。ピンボケ。

円山動物園を後にして、遅いランチをとるためマルヤマクラスへ。途中の横断歩道で「こんにちは」と声をかけられた。書道教室の生徒さんだった。びっくりした。

帰宅後、テレビつけたら、ラグビー、日本代表がアイルランドに逆転して、そのまま勝利したので、これまたびっくり。

追記:円山動物園、65歳以上は入園無料でした。(笑)


  204 続き。 : keity09月28日(土)21:39  [レス]  [削除]
キリンは全体をとらえようと思っても、柵があるため撮るのが難しい。結局、ちゃんと撮れたのは顔だけになってしまった。
子どもたちが盛んに「キリンさーん、キリンさーん」と呼びかけていた。

  203 続き。 : keity09月28日(土)21:28  [レス]  [削除]
ライオンの視線が気になる。青い空を眺めていたのか......。
プロ野球界のライオンズよ、文字通りキングになってね!!!

  202 続き。 : keity09月28日(土)21:19  [レス]  [削除]
ユキヒョウは静止していたが、全身を撮ることはできなかった。

  201 続き。 : keity09月28日(土)21:13  [レス]  [削除]
アジアゾウはミャンマーからの入園。
ぞうさん、可愛いのだわ。

  200 円山動物園へ。 : keity09月28日(土)21:08  [レス]  [削除]
恒例の三人ランチは円山動物園に行こうという一人の提案で決まった。
私は7年ぶりくらいか。二人は20年数年ぶりくらいということで、ゆっくり時間をかけて回った。それぞれの動物を目の当たりにして、驚いたり、ユーモラスな仕草に笑ったりで、つい童心にかえった。
全館回ったつもりだったが、爬虫類・両生類館を回るのを忘れてしまったことに、帰宅してから気がついた。あと、カバがなかなか水から顔を上げてくれず、残念。
それにしても動物を撮影するのは、難しい。静止している動物は少なく、また金網が張ってあったり、ガラス越しだったりで、うまく撮れなかった。
*画像はブラッザ・グェノンという猿。体毛が美しく賢そうだった。

  199 映画感想。 : keity09月26日(木)00:48  [レス]  [削除]
『アド・アストラ』@シネマフロンティア
ブラッド・ピット主演。宇宙飛行士が太陽系の彼方に消えたはずの父を探す旅、あるいは自己を探す旅の話である。映像的にはキューブリック監督の『2001年宇宙の旅』に少し似ている。SFアクションとは一線を画し、万人受けとは言いがたく、どこからか、寝息も聞こえてきた。でも、私はラストまで引き込まれっぱなしだった。
まず、ブラピのフォトジェニックな美しさと極めて内省的な演技に見惚れてしまった。ヘルメットの中のプラピの表情が微妙に変化し、セリフがなくてもここまで表現できるのだと感動。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の飄々とした演技とは対極だ。
そして、主人公に寄り添った静かな演出と美しい映像。広大な宇宙に吸い込まれそうになりながら、こちらも自己と対峙させられた。また、死の深淵を見せられたような錯覚にさえ陥ってしまい、どこか哲学的であり、精神世界的な宇宙の旅だ。ラストまでの数十分については書けないけれど、なんだか泣けてしまった。ブラピの映画を見て涙が出たのは『リバー・ランズ・スルー・イット』以来かもしれない。

平日とあって、観客は半分にも満たなかった。日本では、興行的に厳しいのかもしれないなあ。
これから、ダニー・ボイル監督の『YESTERDAY』やホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』など面白そうな映画がいろいろ上映される。

友人とデパートに寄って、早めの夕食をとり、バッグのショップに寄った。店長さんの話では、増税前なので連日お客さんがどっと来るのだそうだ。でも、増税後が怖い、とも....。

  198 雑感。 : keity09月25日(水)01:18  [レス]  [削除]
西武ライオンズがリーグ優勝してよかった。おめでとう。
後半戦、本当に強かった。
あの強力打線は魅力的だ。
CSを勝ち抜いて、日本一になってほしいと思う。
ホークスは得点力がなかった。あれでは、投手が気の毒だ。疲弊してしまう....。
結局、打者を育てなかった。
今夜の楽天戦、途中から観たが、9回表2死満塁、1番牧原のところで、代打でしょ。福田でしょ(福ちゃんを代走で出す意味がわからなかった)。今シーズンの試合を象徴しているような采配.....。
それにしても、年々、応援の熱が冷めていくなあ。
いや、なんというか、野球に限らず、「勝った」「負けた」に興味がなくなってきたのかな。オリンピックも....。これ、私的老化現象、頭が鈍化? しかし、父の場合は、老いても日記につけるほど熱心に横浜(現DeNA)と西武を応援し、ゴルフや相撲も熱心に観戦していたものだった。ということで、今夜はあちらで西武の優勝を喜んで祝杯をあげていることだろう。西武とDeNAが戦うようになったら、どっち応援するんだろうか。
ここのところ、朝夕、肌寒くなってきたせいか、ようやく室温も30度を切って28度、エアコンなしでも過ごせるようになったけれど、いまだ半袖&ハーフパンツ。さすがにゴミ出しの時には着替える。

*画像は、ベランダから見た土曜日の夕焼け。

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  

トップページへ