- 戻る
- ワード検索
- notice
- edit
- 543384
- トップページへ
 過去ログ表示(リードオンリー)


  864 今年もサクランボ : keity06月24日(水)16:42 
ご近所さんからいただいたサクランボ、おいしかった。

  863 シャスターデージー : keity06月18日(木)23:51 
昨年の3倍近くに増えてしまったフランスギクの仲間である。野菜を作っていたスペースの半分以上を席巻して勢いがある。見事というか、あきれるというか、この花は強い。
大きなガラスの花瓶にドンと100本くらい生けようかとも思ったが、この花、切ってしまうと、意外に弱いし、小さな虫がたくさんついているので、やめにした。
雑草たちと共に群生しているのが似合うのだろう。
ルピナスやマリーゴールド、ラベンダーの種を播いたのだが、まったく芽が出なかったようだ。やれやれ。

  862 1カ月ぶり。 : keity06月18日(木)23:35 
早いもので、瞬く間に1カ月が経過してしまった。
今年も芍薬が咲いてうれしい。昨年よりも元気がいいようだ。
冬にバネ指の手術をしてその後遺症に苦しんでいたのもつかのま、同じ左手の小指がバネ指になってしまった。
あのとき、今度、バネ指になったら、手術はしないと思ったものだが、こんなに早くなってしまうとは、いやはや、がっくりを通り越して、苦笑するしかない。もちろん、手術はしない。うまくつきあっていこう。

  861 おまけ2。 : keity05月18日(月)10:55 
「わたしはボケです」。それは画像の花のことです。
4月26日から始まった佐々木譲の新聞連載小説「沈黙法廷」を毎日楽しみに読んでいる。母も「今日のジョーは?」などと、これまた熱心に読んでいる。

  860 おまけ。 : keity05月18日(月)10:53 
見慣れているツツジだが、母にとっては、「咲いてくれてありがとう。ちゃんと、生きているのね。わたしも頑張ろう」と思わせてくれる貴重な花のひとつであるのだ。

  859 考え方を変えてみれば、 : keity05月18日(月)10:46 
工夫しだいで、どうにかなるものだなと、実感するここのところ。
「頑張りすぎるな」と言われるより「頑張れ」と言われるほうが、どういうわけか、気持ちすっきりする。

  858 腰は快調なれど... : keity05月18日(月)10:40 
膝のほうは相変わらず痛いのだが、筋トレの方法を教えてもらって、日々努力。

  857 1カ月ぶり。 : keity05月18日(月)10:37 
さっき金曜日だと思っていたら、すでに月曜日になっていて....そんな感じで怒濤の1カ月が過ぎてしまって、やーー、なんとか切り抜けて、ホッと一息のコーヒーは、ブラジル。
今年も諸事情が重なり、野菜作りは断念した。おかげさまで、庭は勢いづいた雑草の天下となり、緑が綺麗だこと。花の色はちらりほらり。野菜づくりが無理なら、せめてそこには花の種を大雑把に広くばらまいて、あとは彼らの生命力にまかせてみようと思いつく。
今年もこじんまりと咲いたライラックやスズラン。色鮮やかなつつじも、咲いてくれてありがとう。
きのうは、東京から叔母がやってきて、叔父夫婦や、従兄弟の一家も我が家にやってきて、にぎやかな再会。4年ぶりに会った従兄弟の息子ちゃん、早8歳。大きくなっていたので、びっくりだ。母も再会を喜んでいた。叔父が持ってきた古いアルバム、珍しい写真がいっぱいだった。みんな若かった。三歳ころのわたしの写真もあった。およそ子どもらしさのない、女児。

  856 続き。 : keity04月18日(土)20:19 
今朝、起きたら、腰痛も膝痛もひどくなっていて、2つの予定をキャンセルして、実家近くの3、4年前にできた整骨院へ。
両膝のエコーを撮ってもらったら、膝の軟骨が減ってきているとのこと(痛みのない左膝のほうが軟骨が減っていた)。右膝は「骨を丈夫にする」という超音波治療器で治療。腰痛は、仙腸関節の機能障害ということで、AKA療法を施してもらった。
思えば、このAKA療法、10年くらい前、ひどい腰痛で苦しみ、整形外科にいっても従兄弟に鍼をしてもらっても効かず、友人が紹介してくれた横浜の整骨院で受けたことがあった。その3日目の朝だったか、突然痛みがなくなって驚いた。このときは、前日に父の遺影に紙パックの日本酒をお供えしたから、治ったのだと、勝手に思ったものだが、今考えると、AKA療法の効果だったのだろう。いやはや。
今回「痛みがなくなるまで2、3日かかります」とのことで、納得したのだった。
いまの腰と右膝の状態は、今朝よりも痛みが緩和されているような気がする。まだ、わからないけれど。。。
以前から気になっていた整骨院、行ってよかった。この際、鍼にかかった治療費のことは忘れよう。何事も経験してみなければわからない。

膝の軟骨がすり減ってきて、歩行困難になったら、いよいよもって人工関節の手術しかないのだろうか。コンドロイチンやらグルコサミンやらのサプリメントは、巷間、派手に宣伝されているが、効用については怪しいところ。なかには、効くという人もいるかもしれないが、自分は3カ月ほど飲用したのだが、結局、効果なかったようだ。ドラッグストアの薬剤師に聞いたら、「わたしも飲んでいるけど、効きます」なんて言っていたけれど、わからない。
いやはや、老化とうまくつき合っていくしかないのよねー。

  855 続き。。。 : keity04月18日(土)00:56 
弟が運んで来たレコードの中にソノシートもあった。「巨人の星」は1968年、「遊星少年パピィ」は昭和40年と表記されている。ひゃー、古いね。びっくり。これ、音が出るのかどうか、試してみたい。
ソノシートといえば、自分もいまだに捨てられないものを何枚か持っているのだが。。。

バネ指のリハビリのため通院して3週間、かなり腫れも引いて、痛みも少なくなったので、本日で卒業。しかしまあ、最初から、リハビリの仕方を教えてくれていたなら、こんなに長引くこともなかったのに、と整形外科をうらめしく思うのだった。
一方、右膝と腰を傷め、鍼と電気の治療を始めて2週間が経過した。最初は膝の治療を受け、けっこう調子よかったのだけれど、そのうち腰も痛くなったせいなのか、どぢらも経過はあまりよくない。無理をしないでと言われても、いろいろと忙しく歩き回っているうちに、負担もかかってしまったのだろう。

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15  

トップページへ