- 過去ログ
- ワード検索
- notice
- edit
- 646982
- トップページへ
name
title:
comment:
Image:
del key: *8words 

  183 カラヴァッジョ展。 : keity09月08日(日)23:12  [レス]  [削除]
当初、展示が予定されていた41昨品(カラヴァッジョ10点、同時代の画家31点)のうち、カラヴァッジョの昨品2点(「瞑想するアシッジの聖フランチェスコ」「女占い師」)を含む8点が未着という状況で開催された本展。全作品が揃ってから行くつもりだったが、目処が立ちそうにないので土曜日に行ってきた。想像していたよりも観覧者は少なく、ゆっくり鑑賞することができた。
本展には出品されていないが、初期に描かれた<果物籠を持つ少年>の絵が好きなので、<リュート弾き>(日本初公開とのこと)を観て、ほんわかうっとりとしてしまったが、ポスターにもなった<病めるバッカス>の自画像は肌が土気色をして、表情もどこか不気味であるにもかかわらず、惹きつけられてしまうから不思議だ。
宗教画にしても、一点だけ出品された静物画にしても、光と影(あるいは闇)のコントラストが強烈であり、細部に至る徹底した写実も鮮やかだ。『マグダラのマリアの法悦』の聖女の頬に光る涙の粒。まるで本物の涙を置いたようにリアルなので感動した。
バロック絵画の革命児、天才と謳われた一方で、殺人、逃亡、流浪の果て、熱病にかかって38歳で人生を終えたカラヴァッジョ。彼の昨品世界は、狂乱の人生や人格と不可分に結びついたものだ。
そして、彼が生きた16世紀末のイタリアの社会を知ることによって、昨品に表現された聖書の主題についても理解できるのかもしれない。
物販コーナーで、「私はちょっと気持ち悪いから、買わない」と言う年配の女性。一方で、ダヴィデに髪をつかまれた生首が登場する『ダヴィデとゴリアテ』という昨品のクリアファイルを手にとって「どうせ買うならこれがインパクトあっていいね」と言い合う若い女性二人。カラヴァッジョは好き嫌いが分かれる画家でもあるのだなーと。
帰りにデレク・ジャーマン監督の『カラヴァッジョ』を観たくなり、DVDを借りようと思ったが、テレビが壊れていることを思い出したのだった(笑)。

  182 re[181]:テレビ故障。 : keity09月06日(金)22:33  [レス]  [削除]
taka-Gさんも「ブラタモリ」をご覧になっているのですね。私も同じく企画によってNスペ観ます。
今夜、書道の練習した後、筆でいたずら書きをしながら、iPadでプロ野球のスコア速報を観たら、千賀投手があとアウト2つでノーヒットノーランという状況だったので、応援。見事に達成しました。こういう時、テレビが故障っていうのは、寂しいものです。(笑)
1年前のこの時間、テレビはおろか、地震のためブラックアウトで、小さな電気スタンドとラジオが頼りでした。


  181 re[180]:テレビ故障。 : taka-G09月06日(金)12:52  [レス]  [削除]
ボクもテレビはあまり見なくなってしまいました。企画によって「Nスペ」、あとは「ブラタモリ」と「ポツンと一軒家」だけかも。w

  180 テレビ故障。 : keity09月03日(火)18:49  [レス]  [削除]
昨日の昼頃、突然、テレビが映らなくなった。電源プラグを抜いて差し込んでも、電源ランプと明るさセンサーランプが交互に点滅するだけ。
修理相談センターに電話して状況を説明したところ、故障とのことで、「修理代は25000円ぐらいになるので、購入したほうがいいかと」と。何しろ、2006年に母が購入したテレビなので、そろそろ買い替えどきだったのだ。

「これを機会にテレビのない生活」を想像してみた。
○現在気に入っている番組が観られなくなる。例えば、「ブラタモリ」や「らららクラシック」「世界はほしいモノであふれている」「日曜美術館」、連ドラ2、3本(「これは経費では落ちません!」「サギデカ」「two weeks」など・笑)、また、ドキュメンタリーやBSの映画も観られなくなる。
○ブルーデイやDVDが観られなくなる(パソコンの小さな画面ではますます目が悪くなる)。
それらを諦めて、新しい習慣に切り替えればいいのだろう。そして、「テレビのない生活にしたので、地上波もBSも受信料を支払う理由がなくなりました。よろしく」と言ってみようか。
これまでの人生を振り返り、テレビのない生活は寮生時代の2年ぐらいか。食堂にはテレビはあったが、観た記憶がない。テレビのある生活を60年以上続けてきたわけだ。すごい。自分にとってテレビって、いったい何?なければないなりに生活できるとは思うのだが......。

つらつらと小一時間ばかりいろいろ思いを巡らせた結果、<観たい欲求>に勝てず(笑)、やはり買おうと決めて札幌駅前の量販店へ。
今のテレビと同じメーカーの4K45V型に決めたが、在庫がなく、1週間後に届く。増税前の買い替えキャンペーン中だから新製品は品薄なのだろう。
そして今日になって、どうせ買うなら、50V型にすればよかったかなと心揺らぐ.....。いったい何考えているんだか自分、あきれてしまう。

テレビが届くまで1週間だけ、テレビのない生活となるのだった。

*画像は札幌競馬場のスターティング・ゲート。通り抜けを体験。意外に狭く、ここでスタートを待つお馬ちゃんは何を思うのだろうかと、ちょっと切なくなった。

  179 読了。 : keity09月03日(火)01:16  [レス]  [削除]
奥田英朗の「罪の轍」。
東京オリンピックを翌年に控えた昭和38年の浅草で発生した男児誘拐事件をベースに、その犯人と思しき二十歳の青年の視点、事件を追う警察側の視点、さらに副次的な要素となる山谷の旅館の娘の視点で描かれた骨太の犯罪ミステリーだ。北海道の礼文島に始まり、山谷、熱海、新宿、青函連絡船、上野など、移動する風景を巧みなストーリーテリングによって浮かび上がらせていくところなど、松本清張作品に通じるものがある。また、貧困、親の虐待によるトラウマ体験、事件後のマスコミの取材のあり方や庶民感情、警察内部の縄張り争いなど、ここに描写される事象の数々はそのまま現代に重なってくる。
すでに著者には「オリンピックの身代金」(2008年刊)という作品がある。昭和39年、東大の大学院生がオリンピックの建設現場に出稼ぎに来ていた兄の急死をきっかけに、飯場に住み込み、底辺の生活を目の当たりにする。格差社会への憤り、怒りを爆発させ、国を相手に身代金を要求するという話だった。時代背景や多数の登場人物たちの丁寧な描写、ストーリー展開も巧みで一気に読んだものだった。
本作も時代背景は昭和30年代。高度経済成長の総仕上げとして東京オリンピックが象徴的だが、他方では都市への一極集中、経済的格差など、時代の急激な変化による歪みも生じていた。時代の光と影をとらえて、前作とは違ったアプローチで、「罪とはなんぞや」の問いをこちらに投げかけた、とでも書けばいいのかな。途中、何度かこみ上げてきた......。それにしても、奥田英朗は多彩な作品を生み出す作家だなと感心してしまう。
『罪の轍』の初出は小説新潮で、2016年10月号から2019年3月号まで、「霧の向こう」というタイトルで掲載されたが、タイトルは『罪の轍』に改題してよかったと思う。
多分、奥田氏は東京大会開催の決定後から、本作の構想を練っていたのではないだろうか。東京五輪の前年に出版ということも、版元が意図してのことだろう。憶測だが....。
個人的には、来年の東京大会については理解できないままだ。そして、現代もまた様々な問題が山積したままだなと痛感する。
次から次へと取り留めなく書きたいことが出てきてしまいそう。ネタばれになってしまうので、この辺りで止めよう。
最後に、『オリンピックの身代金』はドラマ化され、正直なところ、半分がっかりしたので、これは映像化して欲しくないのだけれど、どうなのかな。一体、誰があの二十歳の青年を演じきれるというのか。特にドラマだと、CMでぶつ切りにされることもあり、つまらない。
また、読者としては安易に警察小説としてのシリーズ化も望まない。とまあ、勝手に書いてしまった。

  178 初めての競馬体験。 : keity09月02日(月)00:05  [レス]  [削除]
札幌競馬の最終日だった。好天、日差し強し。
午前9時に到着すると、ビギナーズセミナーで馬券の買い方を教えてもらう。馬券の種類は1着の馬を当てる単勝から1着、2着、3着の馬を着順通りに当てる3連単までいろいろなタイプがあり、記入するマークカードも緑、青、赤の3種類。ビギナーは緑のカードで。
ガイドさんに案内されて、パドックでレース前の競走馬の状態を観察。まずは100円で単勝を狙う。マークカードに記入し、馬券を買ってから、レースを観戦。二人とも見事に外れ。ビギナーの中にはいきなり当たって100円が1800円になった人もいた。
最終日ということで午後4時20分からの芝コース開放を狙って、それまでは時間つぶし。
ランチ後、10レースの<すずらん賞>も単勝と馬連の馬券を買ったがいずれも外れ。そして、最終の4時5分スタートの12レース。パドックで競走馬を観察。どの馬が勝てそうか、予想なんてできない。馬の名前で選ぶことにした。ちょうど、自分に関連した?馬の名前を二つ見つけた。ライジングドラゴンとスズカロングだ。1着と2着の馬の組み合わせの馬単。早速、馬券売り場へ行って100円を投入するも、スタート1分前だったのに時間切れとのことで100円が返却された。がっかりして、レースを見届ける。
なんとなんと、私が選んだライジングドラゴン(3番人気)とスズカロング(6番人気)、仲良く1着と2着だって。これって、偶然? わーと喜んでも、馬券買えなかったというマヌケぶり。100円を元手に払戻し金3800円になったはずなのに。「残念、もったいなかったねー」と友人。これがビギナーの体験というもの。
競馬は難しい。
「俺、もう9000円もすってしまったよ。なんとか取り返したいな」と言っているおじさんの声がした。目の前で階段を踏み外して転倒したおじさん、「大丈夫、大丈夫」と言って立ち上がった。気をつけてほしい。
芝コースを歩く。想像以上に芝が長くて驚いた。
朝から夕方まで、15602歩。さすがに疲れた。けれども、サラブレッドたちの一生懸命走る姿に感動を覚えたのだった。

*画像は12レースで1着になったライジングドラゴン(レース前のパドックにて)。引き馬は二人がかりで、割と気性が荒そうだった。何周目かで、この馬と目と目が合って、嬉しかった。

  177 久しぶりに『優駿』を買う。 : keity08月30日(金)23:44  [レス]  [削除]
先週、友人から「競馬場に行かない?」と誘われた。
え〜、何で?と思った。
「馬が好きだということを思い出して。競馬場も行ったことないって言っていたし、私も行ってみたいから」と。。。
それで、日曜日に行くことにした。
本日、書店をぶらぶら。優駿を手にとってみた。昔、馬の写真を撮ったり、乗馬の本づくりをしていた頃、よく買っていたものだった。9月号の特集は先ごろ旅立ったディープインパクトだ。つい買ってしまう。速いばかりではなく、美しい馬だったんだなと思う。ちょこんとした白班は可愛い。。
競馬場には行ったことがないけれども、馬の写真を眺めるのは好きだ。


  176 漢字書道。 : keity08月30日(金)23:18  [レス]  [削除]
昨日は段級認定試験のための二課題(行書と楷書)を先生に選んでいただいた。
*画像は、先週「これとっておいて」と先生に言われたもの。
「頑張ったわね。先週よりも進歩していますよ。これにしましょう」と先生が選んだ行書だが、
「あら、これ、名前を書き忘れているわよ」と言われて慌てた。
急いで、名前を書こうとするが、なんだか緊張してしまい、いつもよりも小さくて硬い字になってしまった。名前というのは、流れで書くので、それだけを後から単発で書くというのは、難しいのだなと(自分の場合だけれど)。
「先生、名前が小さくなってしまいました」
「大丈夫、可愛くていいじゃない」
気になったが、しょうがない。
それにしても、名前を書き忘れるなんて、これまでなかったのに....。
さて、賽は投げられた。
試験に向けてはかなり練習をした。しかし、書いても書いても、なかなか満足いかず。。特に楷書。逆筆(ぎゃくひつ)が難しい。けれども、練習している時は、楽しいというか、充実しているというか、自分に合っているなと思う。

書道教室が終わってから総勢8人でランチをとり、その足で眼科へ。
新しいメガネで検眼。ところが、検眼中に寝落ちしてしまった。
「あれ、寝てますよ、眠いんですか?」と青年に言われて、びっくりした。恥ずかしかった。いくら寝不足とランチ後だったにしても、検眼中にこっくりするなんて、ちょっと考えられない。そんな人、いないと思う。これ、異常事態かも。やれやれ。
担当医に診察してもらう。検査台に顎をのせる前にハンカチで汗を拭いたら、
「ダメダメ、目をこすっちゃ」と医師。
「鼻の周辺の汗を拭いたんです」
「おー、切り返してきたねー」
「右眼は絶対にこすらないようにしていますから」
「いいねー、いいねー。右眼、快調だね」
「あのー、左眼もいつか手術ですか?」
「大丈夫、左は0.6あるから。右は0.2までしか上がらなかったからね」
なんとなく、ほっとした。せっかくメガネのレンズを新しくしたので、左眼はどうにかして進行を抑えるようにしたいものだ。

  175 続き。 : keity08月27日(火)23:16  [レス]  [削除]
先週、ヤケドをした。
笛吹ケトルでお湯を沸かすとき、あの警笛音がいやなので、いつも注ぎ口の蓋を開けっぱなしで沸騰させていた。あろうことか、ケトルの向こう側に置いてあったなべ敷きを取ろうと右手を伸ばした瞬間、腕の内側が注ぎ口に!びっくり、ぎゃっ、だった。蒸気って、こんなに熱かったのか。。すぐ流水で5分ほど冷やしてからワセリンを塗ってラップを巻いた。みるみるうちに真っ赤になり、その範囲は10×6cmぐらい。その後も冷やしてワセリン。痛みがあったので書道の練習はできず、しかし、楽しみにしていた奥田英朗の「罪の轍」を面白く読み進めた。
3日後にはだいぶ小さくなったが、一番ひどい箇所は治りが遅いのか、5×3cmの跡が残ってしまった。ネットで調べると、1度熱傷の場合(多分)は跡が残らないとあったが、どうなのかなー。室内では半袖だが、外は長袖なので、ま、よかった。
それにしても、ボーッとしていたのか、考え事をしていたのか、今までにないドジである。頭も老いてきたのだなと。気をつけて生活しよう。
そんなこんなだけれど、今年も蓮に会いに行けてよかった。なぜか、ヤケドの跡が蓮の花びらのような形だわ。トホ。

  174 続き。 : keity08月27日(火)22:48  [レス]  [削除]
「ここからだと、逆光を浴びて花が綺麗だよね」と言った人は、三脚なしで撮影。
確かに、昨年と違って、今年は綺麗。
温泉に入って、早めのランチをとり、バスが来るまで30分ほどあったので、再び撮影。

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  

トップページへ