- 過去ログ
- ワード検索
- notice
- edit
- 551317
- トップページへ
name
title:
comment:
Image:
del key: *8words 

  30 かな書道、一日講座へ。 : keity07月04日(水)15:18  [レス]  [削除]
友人とお試しで受講してみた。
はじめに、かな半紙にかなの線の基礎練習。そのあと、先生がこちらの俳句(自作と小林一茶)を四分の一半紙に書いたお手本を参考にしながら何枚か書く。
葉書に台紙を貼り、さらにスプレー糊で書いた俳句を貼った。

漢字はともかく、かなは苦手。案の定、難しいなと実感。小筆でかなを流れるように書くのは難しい。筆の入れ方、抜き方、自分の癖が出てしまい、なかなか先生のお手本のようには書けず、全体のバランスもくずれがち。
さて、7月〜9月(12回)、週一回の講座。受講するかどうかは、友人共々検討中。
受講したい気持ち、7割強。来週半ばまでに答えを出そう。(笑)

*画像、もちろん上の二枚が先生のお手本。美しいです。

  29 新しいメガネ。 : keity06月28日(木)12:01  [レス]  [削除]
昨日、街の中心部にいたら、メガネ店から「出来上がりました」の連絡を受けたので、その足でメガネ店へ。
おそるおそる鏡に映った顔を見てみると、うーん、レンズが入ると印象が違う。超薄型レンズとはいっても、ド近眼なのでレンズ、厚いよ。わかっちゃいたけど、斜めから見ると歴然(笑)。遠近両用だとさらに厚くなるとのこと。メガネの女性販売員さんも「メガネをかけると、どうしても目の印象が違ってきます。わたしもそうです。それがいやで、ずっとコンタクレンズで頑張っている人もいます」とのこと。
これまでかけいたメガネのレンズは細長タイプ(画像下)で、今回はどちらかといえば丸型タイプ(画像左)。やはり、セルのほうが好みだが、今回は赤いセルのフレーム、なかなかピンとくるものがなかったし、鼻が低いのでセルだとずり落ちやすい。その点、メタルフレームだと、鼻あてがしっかりしているので、落ちてこない。販売員さんは「いいですね、お似合いですよ」と言ってくれたけれど、それは営業用??? そのうち、メガネにも慣れていくだろう。
そのまま新しいメガネをかけて百貨店を歩く。7、8メートル先の人の顔もくっきり、案内板の文字もくっきり。これまでけっこう不便だったのだなと。外出用にしよう。サイド用のナイロンのトートバッグにはこれまで通り中近用(画像右)、そして遠近用も入れようかな。iPadや本。折りたたみ傘、バッグは重たくなるばかりなり。

  28 野菜の苗の生育がよくない。 : keity06月28日(木)10:21  [レス]  [削除]
トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、スイカ、カボチャの苗を移植して三週間、寒い日が多かったのか、生育がよくない。
気温の低い日が続いたり、土がよくなかったり、原因はいろいろだろう。特にスイカとカボチャの葉がところどころ枯れかかっている。苗を買わなければ、よかったかな。わたしよりも上手に野菜を育てられる人に買ってもらったほうが、苗のためでもあったかな。。。
天候不順のなか、今年もバラが咲いた。毎年バラの開花を楽しみにしていた母に報告。
もう少し増えたら、供花にしよう。

  27 DVD「少年は残酷な弓を射る」を観る。 : keity06月26日(火)11:25  [レス]  [削除]
劇場で観た「ビューティフル・デイ」の監督リン・ラムジーの前作が気になり、DVDを観てみた。

冒頭、スペインのトマト祭り、トマティーナの様子が映し出される。つぶれたぐしゃぐしゃなトマトを浴びた人たちは男も女も真っ赤か。徐々にカメラは仰向けになって全身真っ赤に染まる女の姿に寄って、満足げな恍惚とした表情をとらえる。思わせぶりなこの長回しのシーンだけで、物語の特異性を感じてしまう。
シーンが変わり、赤いペンキをかけられたような家の外壁や車、それらを拭き取ろうとする憔悴しきった中年の女の姿。そして彼女が町に出かけると、いきなり通りがかりの女から平手打ちされ、スーパーに行けば、冷たい視線を浴びせられる。容赦ない描写が怖い。複雑な事情がありそうだ。それを一つ一つ、解明してくれるのをこちらは覚悟を決めて注視するしかない。
原題は「We Need to Talk About Kevin」。ケヴィンとその母親との確執がどのようにして生まれ、いびつな関係が修復されないまま現在に至ったかを、母親の視点で描かれていく。赤ん坊のころから母親にはなつかず、成長するごとに嫌がらせも増長していくケヴィンと母親とのやりとりは息苦しいほどで、ワンシーンが終わるたびに深呼吸が必要なほどだった(苦笑)。
母親を演じたティルダ・スウィントンは渾身の演技で、代表作だろうと思う。とはいっても「カラヴァッジオ」と「オルランド」「ベンジャミン・バトン」ぐらいしか観ていないのだが。息子役のエズラ・ミラー、残酷だけれど美しく、突き刺すような冷たい視線が怖いのだ。

「ビューティフル・デイ」との共通点は多い。傷を負った人間の現在と過去の時間を行き来する手法、直接的な残酷なシーンはないのに恐怖を映し出す演出、独特なカメラワークによる鮮烈な映像、そして、音楽担当がジョニー・グリーンウッドであることなど。ただし、音楽はシーンと微妙にズレているのが特徴で、緊迫するシーンでバディ・ホリーの「エブリデイ」をはじめ、カントリー調のポップな曲が流れて不気味だし、CAN(多分)の曲や三味線の音色やノイズも流れて神経を逆なでされてしまう。そのあたり、ひねりがあって、面白い。

「ビューティフル・デイ」同様、全編にわたり引き込まれる作品だった。この手の映画は劇場で観るにかぎる。

  26 「こんな夜更けにバナナかよ」の映画化 : keity06月24日(日)23:16  [レス]  [削除]
原作者は渡辺一史さん。大宅壮一賞と講談社ノンフィクション賞を受賞したのは、14年前のことなので、最初、映画化のことを知って、ピンとこなかったし、驚いた。
あの長い長いノンフィクション、筋ジストロフィーと闘い続けた鹿野さんの強烈な個性、生き様、介護の現場、濃密な人間関係がどう描かれるのか、楽しみだ。
公式サイトをのぞいてみたら、鹿野さんを演じるのは、大泉洋。かなり、びっくり。ちょっと想像できない。豊川悦司が若ければ適役だと思うし、なにしろ演技力があるので、なりきってしまうだろうなと。あと、オダギリジョーもいいと思うのだが、大泉洋という人気者を当ててきたのね。共演に、三浦春馬、高畑充希。舞台は札幌なので、オール北海道ロケ。冬に公開。

なにはともあれ、一史くん、映画化、おめでとう、よかったね! まさに、本は生き物ですね!

  25 「ラスト・ワルツ」を観る。 : keity06月24日(日)17:21  [レス]  [削除]
ザ・バンドの解散コンサートの様子とインタビューを収めたマーチン・スコセッシ監督の「ラスト・ワルツ」が初めて公開されたのは、1978年。それから40年、デジタル・リマスターの映像で甦ることになった。東京では4月に公開され、北海道はようやく札幌のみで23日から1週間、シアターキノで1日1回夜の上映だ(2K上映)
初日の昨日、3歳下の友人と行ってきた。

わたしは、残念ながら「ラスト・ワルツ」をリアルタアイムでは観ていないが、確か、30年前にワーナーの業務試写(LD発売のための?)で観て、自分もLDを購入し、何度も観たが、それも遠い昔のこと。

なんというか、冒頭から、ラストワルツのテーマ曲からウルウルしてしまい、涙がこみ上げてきた。
ザ・バンドはもちろん、ステージに登場する(当日までゲストは知らされていなかったという)ミュージシャンの演奏、本当に感動的だった。ニール・ヤングもクラプトンもマディ・ウォーターズ(「マニッシュ・ボーイ」のカッコいいこと!)もジョニ・ミッチェルもボブ・ディランもヴァン・モリソンもドクター・ジョンも、みんなみんな熱唱。ニール・ダイヤモンドの「ドライ・ユア・アイズ」の力強い歌声に、元気出してもう少し頑張ってみようよ、自分!などと思ったり。。
ザ・バンドの音楽はブルースやソウルやカントリーなどを飲み込んだような懐の深いロックなので、ステージも温かく、ストレートに訴えてくるものがあるのだった。
嗚呼、「ラスト・ワルツ」は一つの時代の終焉だったんだね。
こちらも人生を重ねてきたいまだからこそ、ことのほか、感慨も深かく、観に行ってよかったと。。

8割〜9割の入りで、わたしと同世代、もしくはそれより上の世代の人たちが多く(ご夫婦らしきカップルも)、あとはロック好きの青年というあたりで、やはり、男性客のほうが多かった。

昨日は帰宅してからバーボンでも飲みながら「ラストワルツ」のCDを聴きたい気分になっていたが、あいにくバーボンはなかったし、映画の余韻にひたるためにCDも聴かなかった。それで、いま、CDを聴きながらこれを書いていたのだった。

画像は、四つ折りパンフ。広げるとポスターに。

  24 皮膚科と眼科へ。 : keity06月23日(土)14:22  [レス]  [削除]
草刈りをしているときにグローブをつけていたにもかかわらず、右手人差し指にチクリと痛みを感じたので、薬を塗って放っておいたら、腫れと痛みが出てきて10日経っても改善しないので、切開はいやだなと思いながら、先日、皮膚科へ。やはり、虫刺されとのことで、抗生剤と塗り薬を処方される。3日で治るとのことで、確かに腫れも痛みも軽減されたが、押すと何となく痛いような。。ひょっとして、関節が?などと不安はつのるが日常生活には支障がないので、まっいいかあ。

翌日は、眼科へ。
7年くらい前のこと。母と一緒に2、3回通院したことがある小さな眼科クリニックで軽い白内障になっていると言われて、加齢だからしょうがないと思ったが、黄斑変性の疑いもあると言われてびっくり。女医さんが「高脂血症かな。内科を紹介するから、行ってみて」といわれた通り、その小さなクリニックで検査したところ高脂血症ではなかった。そのことを伝えると、女医さんは「白内障の手術はうちではできなから、ほかの病院を紹介するからね」と。ええ〜?? なんというか、不思議なネットワークだ。ここだけの診断では不安だわ、眼科を変えたいと思っているうちに、時が過ぎてしまった。
最近になって、いよいよ、眼底検査してもらおうと、大きな眼科病院へ。視力検査、眼底検査の結果、黄斑変性ではなく、白内障も特に問題はなく、手術も必要なしとの診断。「加齢による白内障は本人が不便と感じなければ手術は必要ないし、80歳以上ではほぼ100パーセントの人に症状が出てくる。それよりも視力が落ちているので眼鏡を変えたほうがいい」とのこと。メガネは数年に一度変えたほうがいいとも。
思えば、遠近両用メガネを作ってから8年も経過していた。昨年、パソコンや読書用に遠近両用は使いづらいということで、中近両用メガネを作った。しかし、外出用の遠近両用メガネ、両目でも視力が0.4まで落ちていたことを今回知り、医師は中近メガネがあるのなら、遠近両用をやめて遠用メガネにしたほうがいいと。左右の視力の差がけっこうあるので、調節もたいへんということで、両目で0.7まで見えるレンズに。
処方箋をもらってその足で百貨店に入っている創業100年をこえる老舗のメガネ店へ。この際だからと、父も母も利用していた大手メガネ店から切り替えてみた。すると、同じメーカーの超薄型レンズがほぼ半額。いまかけているのは、スクエア型の赤いセルフレームだが、今回選んだのは<マリメッコ>のボストン型メタルフレームの赤。フレームからはみ出すレンズの加工もサービスしてくれ、合計金額もこれまでのメガネ店よりも半額近く安くなった。もっとも、遠近両用レンズのほうが価格は高いが、それでもかなり安くなったので、よかった。出来上がりまで、約1週間。フレームを合わせたときはいい感じだと思っても、レンズが入ったものをかけると印象が違ってくるので、楽しみな反面、心配でもある。それは毎度のことだが。。。

コンタクトレンズ(使用30余年)からメガネに切り変えて、14年。わたしのようなド近眼は不便なうえ(温泉やプールでは眼鏡なしだと不安だとか。。)、超薄型レンズのためお金もかかる。それでも、メガネに変えてよかったと、いまでは思っている。以前、友人に「メガネにして、元の自分の顔に戻りたいと思わないの?」と聞かれたが、本来の顔はどちらなのか、よくわからない、というのが正直なところ。。。
考えてみると、この世に生まれでたときも、この世を去り棺桶に納まるときもメガネはかけない。それだけは確かなことだ。


  23 読了。 : keity06月18日(月)20:42  [レス]  [削除]
「不時着する流星たち」小川洋子著。

10話からなる短編集である。それぞれの作品の核となるのは、著者が興味をもった人物や事象、たとえばヘンリー・ダーガーやグレン・グールド、牧野富太郎、<バルセロナオリンピック・男子バレーボールアメリカ代表>などをモチーフに、独特な視点と解釈で作り上げる世界である。
第1話の「誘惑の女王」は、<私>が年のはなれた血のつながりのない姉のエピソードを子ども時代に遡って語る。それらの一つ一つが事実だとしても、あるいは<私>の作り話だとしても、遠い記憶の中の風変わりな姉への興味を掻き立てられた妹の心象風景が広がり、幻想的で不思議な味わいをもつ。そして、作品の最後に、著者自身が書いたヘンリー・ダーガーという人物についてふれている。ああ、そういうことなのか、とあらためて著者の想像力と表現力にため息すら出てくるのだった。
10話目の「十三人きょうだい」、切なくも優しい語り口でとても印象深く、好みの作品だ。これは植物学者の牧野富太郎をモチーフにしている。ここで初めて、昭和2年に牧野が妻の寿衛子が亡くなり、仙台で見つけた笹に寿衛子笹(スエコザサ)と命名したという事実を知る。そして、牧野は「雑草という名の植物はない」と発言したんだね。ほんと、そのとおりだと思う。
それにしても小川洋子、短編集に「不時着する流星たち」とは素敵なタイトルをつけたもんだなーと、つくづく感心する。不時着だよー、想像力が跳びはねってどこに着陸するかわからないのだよね。そんな短編集なのである。

それで、夕方、名前はついているがわたしが詳しく知らないだけの草たちを刈りながら、複雑な思いに駆られてしまう。みんな与えられた命を生きているのだった。
おまけに小一時間ほどの草刈りが終わって家に入ろうとしたら、大きなハチ(多分、スズメバチ)がブーンブーンと寄ってきたので、思わず「わああ」と声を出し、あわててドアを開けて中へ。昨年、玄関灯にアシナガバチの巣を作られてしまったので、やはり、ハチはこわい。それがスズメバチとあってはなおさらだ。

BGMは、小川洋子もモチーフに一本書いているのだからと思って探したのは、グレン・グールド。やっと見つかったよ、「ゴールドベルク変奏曲」!

  22 おまけ。 : keity06月18日(月)15:21  [レス]  [削除]
年々増えるばかりのシャスターデージーたちの席巻。もはや、雑草と化してしまったのか。
雑草の成長が早くて、困る。。。
夕方、草刈りしよう。

BGMは、どういうわけか、ランディ・ニューマンのレコード「ランド・オブ・ドリームス」を大音量で。彼のアルバムはこれ1枚しか持っていない。20年ぶりぐらいで聴いてみた。

  21 素朴な質問。 : keity06月18日(月)15:02  [レス]  [削除]
先日、買い物の帰り道、小学1、2年生ぐらいの男の子二人が、人家のブロック塀の一点を熱心に見ている。私が近づくと、一人の男の子が「こんにちは!」と声をかけてきたので、「こんにちは」と応える。すると、彼は「ねえねえ、これハチでしょ?」。指差す先には、羽アリのような虫がいた。「うーん、ハチではないと思うけどね」と返すと、「ハチだよ。これをつぶしたら、ハチミツが出てくるんでしょ?」と聞いてくるので、一瞬、返答につまったが「危険でしょ。もし、刺されたら痛いし、つぶされたら虫も痛いし、つぶさないほうがいいと思う」と言ってみると、二人の男の子は「やー」とか「わー」とか奇声を発したかと思うと、車道に飛び出した。後ろに車が見えたので「車がー。危ないから気をつけてー」とわたしは声を張り上げた。クラクションが遠慮がちに鳴らされ、男の子たちは元気よくジグザクに走っていった。

画像は、ようやく開花した庭の芍薬。

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  

トップページへ