- 戻る
- ワード検索
- notice
- edit
- 534850
- トップページへ
 過去ログ表示(リードオンリー)


  790 立川志の輔。 : keity06月30日(月)01:14 
木曜日に独演会に行ってきた。
演目は「みどりの窓口」と「新・八五郎出世」。やっぱり、志の輔、観て聞いて、面白い。思わず、CDを買った。後者と、「へっつい幽霊」と「雛鍔」のカップリング。
CDを聞いているだけでも、笑ってしまう。

  789 朝からいいお天気。 : keity06月22日(日)11:48 
ようやく晴れて、
吉報が舞い込み、
蝶も舞い降りた。

  788 16日連続の長雨。 : keity06月21日(土)12:21 
本日も札幌で雨が観測されて、記録更新だそうだ(先ほどの道内のニュースで知る)。
南東のほう、雲の切れ間から青空ものぞいているのだが...。

  787 おまけ。 : keity06月21日(土)11:49 
朝から草刈り。

  786 薔薇、開花。 : keity06月21日(土)11:49 
予想通り、週末に咲いた。四輪。
ようやく薄日もさしてきて、やれやれ。

  785 記録的長雨。 : keity06月19日(木)09:28 
こちらは梅雨がないはずなのに、6月に入り、連日、雨が続いて、
札幌の連続降雨日数は13日間になった。
毎日、折りたたみ傘を開いたり閉じたり。

芍薬の花を毎日撮って悦に入っている。
例年なら、野菜の芽が出た、花が咲いたと、レンズを向けていたが、
今年はそれがない。
やはり、物足りないというか、寂しい。

  784 薔薇。 : keity06月17日(火)12:23 
今週末には開花しそうだ。

朝から草刈りをした。
注意していたのだが、巴旦杏の木の出っ張りに、後頭部をがっつりぶつけた。
帽子をかぶってなかったので、大いに痛かった。たんこぶできた。
中断して頭を冷やし、2時間後に今度は帽子をかぶって再開。
いやはや、まいる。

  783 芍薬開花の2。 : keity06月17日(火)12:20 
本家本元の方。といっても形状的には変わらない。
花だけみれば、本家も分家も同じように咲いた。

  782 芍薬開花の1。 : keity06月17日(火)12:18 
2本の苗を移植して三年目。
華奢で生長が遅く、つぼみも一番小さかったのだが、
一番先に大輪の花をつけた。うれしい。

  781 傘と鍵。 : keity06月15日(日)23:45 
昨日は終日雨、雨足も強かったので、午後からの外出にはメンズ用の大きな長傘をさそうと思い、下駄箱から1本を選んだ(弟の置き傘なんだけれど)。
玄関のドアに施錠して、ワンタッチの傘を広げた途端、何かが金属音を立てて地面に落ちた。なんとそれは、6年前の今頃からずっと行方不明?になっていた2本の鍵だった。びっくり仰天だった。
当時は、外に落とした覚えがなかったので、家の中にあるはずだと思って、いろいろ探したけれど、見つからず、不思議に思ったまま6年。幸い、東京からこちらに戻る前に母が用意してくれていたキーケース入りの3本セットになった鍵があったので、特に不便は感じなかったが、見つからなかったのは何とも気持ちの悪いものだった。
たぶん、六年前の雨の日、傘立てに傘を入れたときに、手にしていた鍵が傘の底に滑り落ちてしまったのだろう。そう推測する以外ない。
ということは、この傘を使ったのも6年ぶりということだ。しかも、同じ6月にひょっこり出てくるなんて、いやー、びっくり、うれしい、だった。こんなこともあるのだね。

昔から、長傘をなくしてばかいりたので、近年は折りたたみ傘を持ち歩くようになっていた。
頻繁に傘をなくしていたわたしだが、鍵をなくしたことはない。だから、出てきたのだ。いや、6年間、なくしていたことになるのね...。それとも、記憶をなくしていたのかもしれない。あの頃、母が緊急入院した直後だったから、動転し、バタバタしていたことは確かだ。
母に鍵を見せたら、びっくりしていた。

*キーホルダーは築地のうおがし銘茶の<茶の実倶楽部>からもらったものだ。これをけっこう気に入っていて、東京でも使っていたのだ。嗚呼、うおがし銘茶が懐かしい。あそこのお茶を飲みたくなった。

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15  

トップページへ