- 戻る
- ワード検索
- notice
- edit
- 515752
- トップページへ
 過去ログ表示(リードオンリー)


  777 それぞれの緑−1 : keity06月09日(月)22:49 
東京からやってきた叔母が庭を見て、
「緑があっていいわね」といった。
「雑草も多いけれど」とわたしは答えた。
シャスターデージーがあちらこちらに咲き乱れている。

  776 芍薬、あと一息か。 : keity06月08日(日)20:18 
株分けした芍薬のつぼみが大きくなった。
土の中で3年目。ようやく根付いたのかな。
開花するまでわからないけれど、芍薬の周りの雑草を除去。
うーん、芍薬を生かすために、あるいは、バラを生かすために、
周りの草をむしってしまう....
さらに、雑草の中に白くて小さな可愛い花を見つけたので、その周りの草を刈らずにすます...
すべて、こちらの勝手だね。
いまだ答えを見つけられずにいるこちらの勝手だね。

  775 家庭菜園。 : keity06月08日(日)20:07 
やはり、野菜づくりは時間がないということで、簡単にあきらめた。
こちらに戻って初めての家庭菜園リタイアか。
これをあきらめると、草むしりもさぼりがちに....。
そうなると、とりどりの雑草も見ようによっては乙ではないかと、
勝手な観賞に変わってしまう。

  774 蝶の訪問。 : keity06月08日(日)20:01 
見れば羽の尻尾の部分(尾状突起)が欠けたアゲハ蝶だった。
その羽でよくぞここまで飛んで来たもんだ。
しばしの休息後、どこへ行くのだろうか。
ありがとう!

  773 おまけの3。 : keity05月24日(土)12:00 
若葉が綺麗だ@北大キャンパス。

忙しい合間を縫って、函館出身の写真家・吉田純さんの作品展、最終日へ@紀伊国屋書店。
吉本隆明、松本清張、ミシェル・フーコーらのポートレート、下町の情景など、すべてモノクロで、深い味わいがある。ポートレートは、被写体に寄せる吉田さん独自の理解の深度が伝わってくるようだ。
詩人・田村隆一のフォトジェニックな?険しい表情が時として権威的にも感じられたものだが、ここでは力を抜いた乙な澄まし顔に親しみを覚えた。また、自作ポスターを背景にした横尾忠則のカメラに向けた作為のない表情がいい。
吉本隆明写真集の抜粋を時代を追って見ているうちに、なんというか、泣きそうになってしまった。わたしは彼のシンパでも作品の愛読者でもないのに....。故人が生きた時間を切り取って映し出すモノクロの記憶....。

  772 おまけの2。 : keity05月24日(土)11:14 
一昨年に株分けした芍薬につぼみがついた。
これ、開花する力がありそうだ。頑張れ!
アリが群がるのが、ちょっと気になるけれど。

  771 おまけの1。 : keity05月24日(土)11:02 
レンゲツツジ?も咲いた。

  770 五月の体調。 : keity05月24日(土)10:59 
先週、激しい腹痛と下痢に見舞われる。憩室炎かなと思ったが、痛みの部位がおへそ周りであり、下痢ということで、腸炎だろうと思いながら、念のため翌日消化器内科へ。案の定、腸炎で、ほっとした。前回の憩室炎のときと同じ薬を4種類処方され、翌日、自宅で安静にしていたら、回復した。
どういうわけか、五月には体調を崩しやすい。これも五月病か....。
今年もスズランが咲いて。うれしい。

  769 リラ冷え。 : keity05月24日(土)10:51 
朝と夜に暖房が欠かせない日々。北海道は冷夏になるそうだ。
連休明けに遅ればせながら畑の土起こしをしてみたものの、野菜づくり、今年はやめようかなと思った。作るにしても、苗を買ってきて植えるくらいかな。どうしよう。来週考えよう。
いつのまにか、庭の草木、雑草たちがにぎやかに春を謳歌していて、あざやかな生命力を見せつけてくれる。ふと、思う。元気もらっているのだなと。
*画像は札幌駅前のライラック。
庭のライラックはまだ咲かず。

  768 おまけ。 : keity05月05日(月)11:48 
北大病院の敷地内のしだれ桜。

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15  

トップページへ