- ワード検索
- notice
- edit
- 546457
- トップページへ
* 発言者削除画面
発言番号978
名 前keity
タイトル読了。
コメント「百年泥」石井遊佳
先述した若竹さんと同時に芥川賞を受賞した作品。
インドのチェンナイで日本語教師をしている<私>が百年に一度という洪水に遭遇。堆積した泥から現れる品々によって自らの記憶や様々な人たちの人生が甦ってくる話で、著者自身の洪水体験もベースにあるらしい。時間軸をもたず、あちらこちらに飛んでは唐突に記憶が引きずり出され、なにがリアルでなにが幻想なのか、それは<私>の記憶なのか、誰の記憶なのか、虚実とり混ぜたようなエピソードとエピソードのつながりで、どのような形で収拾されるのかとドキドキしたが、粋なラストに出会い、上手にまとめたなと感じ入った。
若竹さんの「おらおらひとりいぐも」と似たような手法とユーモアのセンス、そして日本語の妙。しかし、<文学の香り>は、香水でいえば、オリエンタル系(石井さん)とフローラル系(若竹さん)の違いかな。無理なたとえではあるけれど。。
削除キー