- ワード検索
- notice
- edit
- 512311
- トップページへ
* 発言者削除画面
発言番号875
名 前keity
タイトル13日の金曜日
コメントこの日が来ると思い出すことがある。
大昔、札幌の出版社の雑誌編集部にいたころのことである。
始業時、わたしが社長室にお茶を持っていくと、
「きみ、今日は13日の金曜日だぞ。嫌だな。気をつけて過ごすように」と短気なワンマン社長が言った。そのことばに逆らうつもりはなく、ごく普通に、というか、明るく、「わたしにとってはいい日です」と応えた。すると、社長に「なに?」と怖い目でにらまれた。
「今日は、自分の誕生日ですから」
「おー、そうだったか。それじゃ、焼き肉をごちそうするよ」
「せっかくですが、約束があります」
「ほー、大事な約束か」
「はい」
途端に社長は機嫌が悪くなり「もう、いい。さがれ!」と。
そのあと、いろいろと面倒なことになり、やれやれだった。
長くなるので、割愛。この社長を中心としたエピソードはたくさんあり、怖いもの知らずだったわたしは、勇猛果敢に?理不尽と戦っていたのだった。2年半でやめてしまったが、小説になりそうな世界だった。ユーモアタッチで書きたいと思っているうちに、63歳になってしまった。ワンマン社長はご存命であれば、82歳くらいだろう。ひゃー、である。雑誌は、あのころ忠実な部下だった人が社長になり、まだ生き残っているのだから、不思議だ。
あ、日付が変わってしまった。間に合わなくて残念。
削除キー