- ワード検索
- notice
- edit
- 625485
- トップページへ
* 発言者削除画面
発言番号178
名 前keity
タイトル初めての競馬体験。
コメント札幌競馬の最終日だった。好天、日差し強し。
午前9時に到着すると、ビギナーズセミナーで馬券の買い方を教えてもらう。馬券の種類は1着の馬を当てる単勝から1着、2着、3着の馬を着順通りに当てる3連単までいろいろなタイプがあり、記入するマークカードも緑、青、赤の3種類。ビギナーは緑のカードで。
ガイドさんに案内されて、パドックでレース前の競走馬の状態を観察。まずは100円で単勝を狙う。マークカードに記入し、馬券を買ってから、レースを観戦。二人とも見事に外れ。ビギナーの中にはいきなり当たって100円が1800円になった人もいた。
最終日ということで午後4時20分からの芝コース開放を狙って、それまでは時間つぶし。
ランチ後、10レースの<すずらん賞>も単勝と馬連の馬券を買ったがいずれも外れ。そして、最終の4時5分スタートの12レース。パドックで競走馬を観察。どの馬が勝てそうか、予想なんてできない。馬の名前で選ぶことにした。ちょうど、自分に関連した?馬の名前を二つ見つけた。ライジングドラゴンとスズカロングだ。1着と2着の馬の組み合わせの馬単。早速、馬券売り場へ行って100円を投入するも、スタート1分前だったのに時間切れとのことで100円が返却された。がっかりして、レースを見届ける。
なんとなんと、私が選んだライジングドラゴン(3番人気)とスズカロング(6番人気)、仲良く1着と2着だって。これって、偶然? わーと喜んでも、馬券買えなかったというマヌケぶり。100円を元手に払戻し金3800円になったはずなのに。「残念、もったいなかったねー」と友人。これがビギナーの体験というもの。
競馬は難しい。
「俺、もう9000円もすってしまったよ。なんとか取り返したいな」と言っているおじさんの声がした。目の前で階段を踏み外して転倒したおじさん、「大丈夫、大丈夫」と言って立ち上がった。気をつけてほしい。
芝コースを歩く。想像以上に芝が長くて驚いた。
朝から夕方まで、15602歩。さすがに疲れた。けれども、サラブレッドたちの一生懸命走る姿に感動を覚えたのだった。

*画像は12レースで1着になったライジングドラゴン(レース前のパドックにて)。引き馬は二人がかりで、割と気性が荒そうだった。何周目かで、この馬と目と目が合って、嬉しかった。
削除キー