- ワード検索
- notice
- edit
- 595138
- トップページへ
* 発言者削除画面
発言番号138
名 前keity
タイトル追記。
コメント引っ越した日、「収納スペースに対してこのダンボールの量からすると、30箱は収まらないのではないかと思いますよ」と引っ越し屋さんに言われて、暗澹たる気持ちになった。テレビの設定をしたくとも、ダンボールの山でどうにもならず。。友人が手伝うと言ってくれても、たぶん、お互いに途方に暮れるだけだと思い、まずは少しずつダンボールの山を崩していった。
翌々日、ダンボール城を後にして、柳家小三治独演会へ。枕がかなり長く、聞き取りにくいところもあったが、「死神」を聴けるとは思っていなかったので、それは良かった。会場では「太陽」が販売されていたので、つい買ってしまう。
さらに、その翌々日、ダンボール城を抜け出して、映画「ビューティフル・ボーイ」(@ディノス・シネマズ)を観にいった。ドラッグ依存の息子と彼を信じ続ける父親、二人の苦悩と葛藤を描いている。父親役のスティーヴ・カレルと息子役のティモシー・シャラメの演技が巧かった。そして各シーンにおける音楽の使い方がとても良くて、ジョン・レノンのことや様々な思いが交差して涙を禁じえなかった。
土曜日には北海道書道展へ。かな書道を習っていた時に、同じ教室の人が特選に輝いた。作品はすばらしかった。その足でかな書道の先生たちの作品展にも足を運んだ。
そんなこんなの中、空のダンボールが増えていったのだった。
削除キー