- 過去ログ
- ワード検索
- notice
- edit
- 507722
- トップページへ
name
title:
comment:
Image:
del key: *8words 

  973 祝・ホークス日本一!! : keity11月05日(日)13:41  [レス]  [削除]
昨夜は、9回裏の内川の同点ホームランに鳥肌が立ち、サファテの3イニング投球する姿に男気を感じ、延長11回2死1、2塁の場面で川島が打ったボールがライト前に吹っ飛んでいって、「わわわー」となり、中村が必死の走塁でホームベースを踏んだ瞬間に、ベンチの選手たちが一斉に駆け寄って歓喜の輪ができた。その光景を観てこみ上げてしまった。一昨年の日本一には泣かなかった。あの王さんが祝勝会の挨拶で、「こんなに涙が出る日本シリーズは初めて。もらい泣きした」と明かしていた。
ホークスは7回まで松田のホームランの一本のみで、完全に今永投手に押さえ込まれていた。一方のベイスターズはとにかくよく打つので、観ていてハラハラドキドキだった。要所で、リリーフ陣が頑張って、要所で打って、サヨナラ勝利を呼び込んだ。底力があるのだろう。私が応援していると、母は「野球の再放送でも観ているの? ずいぶん、熱心ね」ときたもんだ。日本のプロ野球に再放送なんてない。多分、録画と勘違いしたのだろう。「日本シリーズ、ホークスとベイスターズが戦っているのだーーー」と。苦笑。
ベイスターズの今永投手、ルーキーの濱口投手は本当にいい投手だ。度胸がいい。ベイスターズは来年、さらに強くなると思う。
一方、ホークスが日本シリーズを戦っていたころ、大隣投手や山田投手が戦力外になった。生え抜きの大隣投手をずっと応援してきたので、本当に残念だ。まだ32歳なので、他球団で投げて欲しいと思う。
また、三年契約12億円の松坂投手も戦力外。1軍での登板は1回だけだった。それにしても、なぜ彼を獲得したのか、よくわからないまま三年が過ぎて行ったという感じで、金満球団と言われても仕方がない。肩をいためていた本人は針のむしろだったと思う。他球団は興味を示すのだろうか?

秋は<別れの季節>なのか。突然の身近な死があり、引っ越しがあり、そのほかいろいろ、そしてトム・ペティも他界した。彼の死を知ったのは、没後10日ぐらい経ってからだった。とてもショックだった。アルバム「サザン・アクセンツ」や「破壊」などいろいろ聴きながら、胸がいっぱいになってしまった。
さらに四日前、庭の松の木の下にカラスの死骸。。。空中戦に敗れたのか、なんなのか、よくわからない。これで2度目だ(しかも同じ松の木の下。カラスの供養というか、追悼のためというか、短編を書いたのだった)。
今回はちょうど冬囲いの朝だったので、やってきた庭師さんに「カラスの死骸があるので、踏まないように気をつけてください。明日、ゴミの日なので、こちらで処分しますから」と言うと、彼女は「こちらで袋に詰めるところまでしますよ」というので、新聞紙と色付きビニール袋を数枚渡した。
翌日、丁寧に何重にもくるまれたカラスの骸をそれだけ別にして有料ゴミ袋に入れた。一度目のときは嗚咽したが、今回は我慢できた。やはり、カラスといえども、その死は哀れで悲しい。
そんなこんななか、ホークスの優勝はとてもうれしい。
つい、長文になってしまった。

*画像は、今年、最後のバラ。

  972 引っ越し。。 : keity10月26日(木)01:05  [レス]  [削除]
というか、マンションの家財道具すべてを実家に移動。終了したのが夕方で、ついでに引っ越し屋さんに勧められて冷蔵庫を購入(キャンペーン中の冷蔵庫が価格comよりも安い)。実家の冷蔵庫は2001年製造の古いもので、買い替えようと思っているうちにずいぶんと日が経ってしまっていた。一時間ほどで引っ越し屋さんが冷蔵庫を運んでくれた。
夕食後、うとうとしてしまったせいもあり、「奥様は、取り扱い注意」を観るのを忘れていた。気がついた時は、11時を回っていた。やれやれ。疲れ果てて、ダンボールの山はそのまんま。明日はまたマンションに行って大型ゴミをださなければ。。確実に体力が落ちていることを痛感。
それにしても、引っ越し屋さん、若い男性ということもあり、力があるなーとひたすら感心。LPレコードやCDが詰まったダンボール(S)を二個一度に二階まで運んでいた。かなりきつそうだった。今のわたしは一個でも持ち上げることができない。また、とても感じがよく、いろいろアドバイスもしてくれて。お値段も想像していたよりも安かった。

*日本シリーズは両雄を応援したいが、やはり、リーグ優勝したソフトバンクに日本一になってほしいという気持ちがつのってきた。なんというか、広島の選手たちのことを思うと、ね。複雑。
清宮くんを指名したんだ、ソフトバンク。なんだかなー。それが、個人的な感想。いまのところ。。

  971 DeNA、CS突破おめでとう! : keity10月25日(水)02:56  [レス]  [削除]
いやはや、日本シリーズは本当にソフトバンクとDeNAの決戦になってしまった。下記964に書き込みしたのだけれど、どちらも応援するしかない。
それにしても、勢いのあることあること。先行されても、なんのその、簡単にひっくり返してしまうし。あの年のロッテみたいだ。
筒香も目覚めてしまったようだし、打線はDeNAのほうが勝っているね。でも、ソフトバンクは内川が乗りに乗っているし、ギータも戻ってきたし。投手しだいだと思う。
ラミレス監督の采配、面白い。
ビールかけの様子を観ようと思っていたら、居眠りしてしまった。やれやれ。
どちらも頑張れ!

  970 楽天ファイナル進出。。 : keity10月17日(火)02:23  [レス]  [削除]
勝負の世界は本当にわからないものである。
西武の打線を脅威に感じていたので、おそらくファイナル進出は西武と予想していたら、見事にはずれてしまった。こんなに打てないなんて、どうしたのだろうか。呪縛か。。楽天にホームラン二本が飛び出すとは。これで、楽天は勢いがついて福岡に乗り込むのだ。初戦、楽天の先発投手が気になるところだが(ソフトバンクは、東浜投手かな?)、誰が来ても、大丈夫。自信をもって戦ってくださいませ!
明日、DeNAも勝ってほしい。いや、勝つ!

「ドクターX」、今回は大地真央が病院長として登場したので、このまま最後まで出演かと思いきや、西田敏行が院長に返り咲いた。どうなっているの?嗚呼、新鮮味がない。ま、マンネリでも何でも、症例と術式にも興味があるので、我慢しよう。

魑魅魍魎のあの党、その党、あの人たち、その人たち。ミステリアスな衆院選だ。混沌。でも、誤摩化されたくないです。

  969 ひゃー、びっくり。 : keity10月16日(月)16:03  [レス]  [削除]
アクセスカウンター、500000、自分で当ててしまった。
自分におめでとう。(笑)

DeNA、今夜も頑張れ!
来季、ロッテの監督が井口資仁さんなので、応援したくなる。
それにしても巨人、村田修一選手と契約結ばないとは、ひどいなーと思う。
若返りをはかるためとはいえ、彼の貢献は大きかった。若手を育てないで、大型補強も失敗していきなり若返りとは。。。他球団の若手が活躍しているのをうらやましがって、若返りを狙っても難しい。若手が育っていくには、村田選手のようなベテランが必要なのだと思う。選手を大事にしない球団なのだね。

嗚呼、ドラフトが近いなー。ソフトバンクは、あの選手を1位指名してほしくないなー、というのが正直な気持ちだわ。指名しても、どうぞ、巨人さんが当ててください。(笑)

  968 おまけ。 : keity10月15日(日)01:56  [レス]  [削除]
ひまわりが咲いていた。びっくりした。季節はずれだけれども、なんだか温かな気持ちになった。ひまわりって、丈夫で長持ちなのね。

やっぱり、西武の打線、恐るべしだなー。菊池投手は手強いし。。
DeNA、明日こそ、開き直って打とう。

おまけついでに、長めの雑文を。
柴犬と少女が登場する某住宅会社のCM。老犬になった柴犬に「なんか、おばあちゃんになったね」と成長した少女が声をかけると、老犬は「そりゃー、年をとりますよ」と答える。
なんか、この会話に覚えがあるなーと思った。そうだった。我が家のことだった。
ある日の夕食後に母が「恵子もおばあちゃんになったのねー」ときたので、わたしは「そりゃ、年をとりますよ」と答えた。
また、ある日の昼頃、客人との話の流れで、母が「うちの娘はおばあちゃんだし.....」と言うと、客人は爆笑した。わたしも笑いながら「そりゃ、65歳になったもの。おばあちゃんですよ」と返すと、客人は(男性・36歳だったかな)さらに大きな声で笑った。なんでそんなに受けるかね。母は澄まし顔。
9月のある日、ホークスとライオンズの試合をテレビ観戦していたときのこと。わたしは応援バットを鳴らしながら、「高谷、ライト方向に打てーー」と声をあげると、なんとスリーランホームランが飛び出した。狂喜の「わわわーーー」。さらに終盤、追加点がほしいところで、代打の福田選手がヒットで出塁。「わー、福ちゃーん、よく打ったーー」と声を出す。そこで母、「はー、テレビ観ながらこんな熱心に応援するおばあさんって、世の中にいるのかしら」とあきれ顔された。たぶん、札幌の日ハムファンにはいても、札幌のソフトバンクの65歳のファンは私ぐらいなものだろう。
いやはや、88歳と65歳。
さあ、寝よう。


  967 身辺整理の途中で。 : keity10月15日(日)01:46  [レス]  [削除]
文藝春秋発行の文芸誌「文学界」の第65回下期の新人賞中間発表の一次予選通過に自分の名前が出ていて、とてもうれしく思ったものだった(昭和62年秋)。太字が二次予選通過だ。いま、あらためて見てみると、なんと同じ段に人気作家の重松清さんのお名前(太字)があった。彼も新人賞に応募していたのだった。調べてみたら、この回の新人賞は重松さんではなかったが、数年後、彼は「エイジ」で山本周五郎賞を、翌年には直木賞を受賞している。自分は初めて応募したので、予選通過に気を良くし、さらに頑張れば、二次通過できるかもしれない、などと期待した。しかし、そんなに甘い世界ではないのだね。翌年、一次も通過せず、実力のなさを痛感し、あきらめた。そこそこの野心は日々の泡と共に消え去ったのだった。ちなみにそのとき応募した作品のタイトルは「季節はずれの日常」という、今思えば、的はずれの、よくわからないものだった。
この「文学界」には、作家の山川健一さんが「ノルウェイの森」について寄稿している。率直な感想が山川さんらしいというか。たとえば、こうだ。「ひとりの素晴らしい女性の記憶を抱きながら生きていくよりも、まったくひどい女だったぜ、どこかにもっとマシな女がいるはずだよな、と思いたいほうだ。そして、恋愛をしても少しも成長することなく、同じ過ちを繰り返しながら、ふと気がついたら、七十歳だった、というほうがずっといい」。思わず笑ってしまった。山川さん、文藝春秋からの原稿依頼はこれが初めだったという。昭和のラストの懐かしい思い出である。

*「ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢」は明日までなのね。行けそうもない。残念だけれど、仕方がない。行った友人は「うーーん」から始まり、感想を述べた。なるほど、かつて道立近代美術館で観た「セザンヌ主義」で抱いた感想と似ていた。しかし、展覧会は盛況だったらしいので、それはそれで、けっこうなことだと思う。

  966 身辺整理。 : keity10月07日(土)13:25  [レス]  [削除]
ファイルの中に寺山修司の直筆原稿のコピーが入っていた。いつ、誰にもらったものなのか、まったく記憶がない。だから、記憶を辿れないのだ。多分、東京にいたころだろうと思う。本人の筆跡に間違いがない。直筆原稿のコピーのコピーかもしれないし、よくわからない。

  965 ドラマの話5。 : keity10月07日(土)01:59  [レス]  [削除]
NHKのドラマ10「この声をきみに」がなかなか面白い(残念なことに第1回は見逃した)。朗読教室を舞台にした大人のラヴストーリー?らしいが、朗読がテーマのドラマはわたしの記憶にはないので、とても興味深く、新鮮に感じられる。登場する朗読作品も楽しみだし、教室に通う面々も特徴があって、それぞれがほどよくブレンドされて味わい深い関係性をつくっている。第3回の「雨ニモマケズ」の朗読もよかった。そして、本日も「飛べ!くじらぐも」もなごみの朗読だった。
朗読といえば、昔(17年前かな)、初めてポエトリーリーディングのライブに行って大いに刺激された。自分は人前では、リーディングをしたことはないが、若いころからお気に入りの文章などを声に出して読むのはけっこう好きだった。とても気持ちが落ち着くのだね。
第2回目のとき、いっしょに観ていた母が竹之内豊を観て「あ、この人、諸葛孔明になった人」と言った。ははーん、「レッドクリフ」(中国映画)で諸葛孔明を演じた金城武と勘違いしているな。「この人は竹之内豊という人で、諸葛孔明は金城武」と教える。「違ったの。向こうのほうがいいわね」と(すみません、タケノウチさん)。そういえば、わたしたち母娘は竹之内豊が出演したドラマをほとんど観たことがない。唯一観たのが「不毛地帯」であり、そのときも母は彼を観て「諸葛孔明の人」と言ったのだった。どこか似ているが、金城のほうがシャープで、引き締まった顔つき。母は諸葛孔明を演じた金城武を大いに気に入って(確かに、彼、ピッタリはまっていた)、わたしは彼の出演しているDVDを何本も借りて二人で観たものだった。

あ、綾瀬はるか主演の「奥様は、取り扱い注意」、面白かった。さすが、脚本の金城さん、ハズレがない、と思う。それにしても、綾瀬はるかのアクション、かっこいい。「精霊の守り人」では、まったく笑わず、ストイックにアクションをこなしていたが、こちらは、ちょっととぼけていて、本来の彼女なのかなと。。。今後の展開が楽しみ。

  964 DeNA、二年連続、CS進出。 : keity10月02日(月)11:30  [レス]  [削除]
昨日は、テレビ放送してなかったけれど、ネットで逐一リアル速報をチェック。ウィーランド投手、広島に逆転された裏に自らスリーランを打って逆転するなど猛打賞だった。おまけに筒香は2ホーマーだったし。それはそれは華やかなゲームだった。すでに、CSを勝ち抜いて、日本一になるんだというやる気満々の意気込みである。今年の日本シリーズは、ひょっとして、リーグ優勝したチームの決戦にはならないかもしれない。えーー、そうなると、ソフトバンクとDeNAの決戦もあり?いやはや、勝率.522のDeNAと.660のソフトバンク。さて、苦渋の選択は、どちらも応援しようかな。

新・朝ドラ「わろてんか」が始まったけれど、忙しかったのでラストのほうだけチラ見だった。自分も子どものころ、父親に「こら、ゲラコ」と言われるほど、ゲラゲラ笑っていたようだ。そして、下の弟は「お姉ちゃんの笑い声、ウッドペッカーみたいだ」と。。。あんなに甲高い声だしていたんだね。まだ、声変わりしてなかったのだろう???
「わろてんか」の公式サイト観てみたら、キャスティングに新鮮味がないと感じた。大河ドラマ「おんな城主・直虎」で少女期を演じた子役、同じく但馬守政次役の高橋一生も出るなんて、ちょっと、安易じゃないか。千葉雄大、いいね。「ひよっこ」の最終回、みね子の父の記憶の一部が甦った。どんな方法で記憶を甦らせてハッピーエンドにするのかと思っていたら、<重箱>とは!思いもつかなかった。。。自分、鈍いのかもしれない。


 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  

トップページへ